presented by 

はだしの恋唄

おもいでは

おもいでは

いつも

あなたの 

​ことばかり

​寺山修司著作 

幻想的短編集で紡ぐ 

恋に纏わる音楽劇

日 時

2019年12月7日(土) ~ 2019年12月8日(日) 

12/7(土) 夜の部 18:00開場 19:00開演
12/8(日) 昼の部 13:00開場 14:00開演

     夜の部 18:00開場 19:00開演

 

 

会 場

House of Fer Travail
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目20-10
http://www.fertravail.jp
map

 

出 演      

 

□ 原作:寺山修司
□ 脚本・演出:たみお ( ユリイカ百貨店 )
□ 音楽:mama!milk
□ 出演:小倉笑
□ 演奏:生駒祐子:アコーディオン
     清水恒輔:コントラバス

 

 

料 金

予約 5,500円 当日6,000円 (w/1drink)

 

 

お申込
□ E-mailによるご予約・お問い合せ 
下記アドレスまで必要事項を明記の上、お申し込みください。

shop@al-paca.com ]

件名 :はだしの恋唄
1.お名前(代表者のフルネームをカタカナを添えて)
2.ご予約人数
3.お電話番号
4.ご希望の日にちと時間、またはお問い合せ内容

 

  • ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。

  • メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。

  • ご予約の際にお振込み先をご案内致します。お振込み後ご予約の受付完了となります。

  • 定員に達しました回に関しては他の回をご案内させていただきます。何卒ご了承ください。

企画 /まゆらう(ばばようこ)

照明/村山早咲(ユリイカ百貨店)
フライヤーイラストデザイン /岸本敬子

​はだしの恋唄 ご予約/お問い合わせ
profile

音楽/ mama!milk

 

生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)による、インストゥルメンタル・デュオ。世界各地をめぐりながら自由に音楽を奏でている。

Photo Masakado Nishibayashi

 

その音楽は「旅へいざなう音楽」「まだ見ぬ映画のサウンドトラック」、あるいは「Japanese New Exotica」「 Cinematic Beauty 」とも評される。

 

また、折々に自由なアンサンブルを編成し、数々のアルバムやサウンドトラックを発表。劇場、客船、廃墟、寺院、美術館等、各地の趣深い場でのサイトスペシフィックな演奏会も好評を博している。

 

近年は、アルバム作品として、アナログ・レコーディングによる「Fragrance of Notes」、海辺の廃墟でのフィールド・レコーディングによる「Quietude」、6人編成のアンサンブルが美しく響きわたるホール・レコーディングによる「Parade」、製本工場跡ギャラリーでの公開セッション+レコーディングから生まれた音源「Nude」、古い銀行跡建物でのレコーディングによる「Duologue」、アナログ・レコーディングによるアナログ盤7インチシングル「Vanilla」を相次ぎ発表し国内外で話題となる中、作曲・生演奏を通して、舞台、映画、アニメーション、美術作品等のサウンドトラックにも深く関わっている。

最新作は、2017年発表「L’accordo Contrabbando(ラコルド・コントラバンド)」。

 

生駒は、yuko ikomaとして、手廻しオルゴールやトイ楽器などをフィーチャーしたアルバム作品も発表している。清水は、屈指のコントラバス奏者として、数々のプロジェクトにも客演している。Web/www.mamamilk.net

俳優/ 小倉笑 (Ogura Emi)

 

11歳の時に声楽を学び、14歳の時に地元で開催された「オーケストラで踊ろう!」プロジェクトに参加し、Monochrome Circusと出会う。

カンパニーには2012年『レミング』より参加。

個人での活動も多く、大植慎太郎『点とドットの主義主張』(2015年)、南野詩恵『病気』(2016)、康本雅子『子ら子ら』(2017・2018)などに出演。

 

2016から衣装作家の南野詩恵と立ち上げたプロジェクト「皿の歌」で舞台作品・ボロレスコ『蝶々々夫人』(2017)、『サロ人』(2018)などを発表。近年ではヨーロッパ、南米などで開催されるアートフェスティバルや短編映画祭などに招聘され、国内外で活躍している。

演出・脚本/ たみお (ユリイカ百貨店)

 

演劇上演を目的とするカンパニー「ユリイカ百貨店」代表。演出家、脚本家、アートディレクター。

Photo by Toshaki Nakatani

 

近年では宝石箱のような作品づくりを目指し、作品に触れた人々の心が輝き喜ぶことを大切にしている。

​多種多彩な演出の手法で、さまざまなジャンルの作品を手がけている。

美容学校のファッションショー演出、八尾プリズムホール主催事業での総合演出、音楽コンサートの演出、

ロームシアター京都主催事業プレイ!シアターでの構成/演出。KissFM[Story for two]ではラジオドラマのレギュラー作家を担当。京都市動物園での動物園作品の上演や、ミュージカルを含む各企画への脚本提供も行なっている。Web/www.yuriikahyakkaten.com

会場/ FER TRAVAIL

 

東京世田谷区に店と工房を構える、フランスの金属骨董家具を現代に再生させるアンティーク家具店。

 

インダストリアルスタイルのアンティーク家具をモダンに提案する。主にフランスの古い工場などで使用されていたインダストリアル家具を専門的なリペアにより現代のインテリアに提案している。

日本の骨董家具を鉄を用いて再生させる[Le kurogane]シリーズの家具も扱う。Web/www.fertravail.jp

企画/ 馬場洋子(まゆらう)

 

京都下鴨に場所を構え、展示会、企画展などを中心に店として不定期でオープン。

“古き良きもの”や”こだわりの素材”や”人の手から産まれるもの”を大切に、人と人がつながる線を意識した品を日本各地、または世界のあちこちから集めて紹介している。その他、企画展、音楽祭なども主催として各方面にて活動。

◎愛媛県今治 音楽フェスティバル 「ハズミズム」主催立ち上げメンバー

 

 

 

◎東京 三宿 THE GLOBE mama!milk 演奏会「chandelier night fall」企画、舞台装飾

◎京都 millet mama!milk 演奏会 企画、装飾

◎京都 maker mama!milk × chiemi sara 演奏会 企画

Web/ www.al-pack.com

-まゆらう主催公演-

2019/8/31 Summer time concert 「ポケットに恋唄を」

音楽家mama!milkと俳優小倉笑のライブパフォーマンス&トークショーを開催。

2019年12月に東京FER TRAVAIL にて上演される、新作・音楽劇「はだしの恋唄」(原作:寺山修司)。その序章とも言える一夜限りの演奏会。音楽家 /mama!milkの楽曲から「はだしの恋唄」上演のために選曲された数曲を、俳優/小倉笑が即興で歌い上げた今作
それはまるで寺山の描く濃密な世界を旅する前夜の煌めき。
立ち現れては きえゆく二度と再現できない時間をおとどけしました。

【イベント概要】
日時|2019年8月31日 (土) 19:00~(開場18:00~)、トークショー(20:30~)
会場|TSUGU KYOTO SANJO 1F 「ushiro」
場所|京都市中京区三条通柳馬場西入桝屋町75
   市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅より徒歩5分

料金|3,500円(with 1 drink)

 

トークショー「旅する音楽」ゲスト/中澤有基(写真家)
 京都市在住。Gallery mainを主宰するなどギャラリストとして活動しながら、写真作品を発表。主な展示に『震える森、焦点の距離』『無関係な関係、空白の定義』など。2014年、2015年にアートフェア『FOTOFEVER ARTFAIR PARIS』に出展。2015年より、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭サテライトイベントKG+プログラムディレクターも努める。

web/nakazawayuki.jp

企画・主催|ばばようこ(まゆらう)

​アートワーク | たみお(ユリイカ百貨店)

web  /al-paca.com

協力|テラヤマ・ワールド、TSUGU KYOTO SANJO、Johnbull Private labo、株式会社キノシタショウテン